通販での購入

排卵検査薬の通販は低コストで安心・安全な海外アメリカ製がおすすめです。

排卵検査薬というものがあるのは知ってましたけど、薬事法の改正で気軽に薬局で購入することができなくなってたのは知りませんでした。

薬局で気軽に購入できなくなったせいなのか、それとも価格の関係なのかはわかりませんが、排卵検査薬をネット通販で購入する人が増えてるみたいです。

価格ってどのくらいのものなのか気になってちょっと調べてみたんですが、大体7回分で2,500円~3,000円くらいが相場みたいですね。

通販サイトによっては1本単位からでの販売を受けてるところもあるみたいで、検査薬の種類によっても若干異なりますが、大体100円くらいから販売してるところが多いようです。

でも、1本単位で購入したところで、よっぽど自分の周期をきっちりと把握してる人じゃないと、1回でドンピシャリってことはないと思います。必要としている人にとっては、決してあって困るものではないと思うので、本数の多いものを購入した方が金額も少し安くなるのでお得感がありそうです。

日本製の排卵検査薬はネット通販不可?

排卵検査薬を薬局で買うとなると、ちょっと色々と厄介みたいですね。薬事法という法律が改正されたせいで、前なら普通に買えたのに、今だと薬剤師さんに直接言って店の奥から出してもらわなくちゃいけない上に、名前や住所、電話番号などの連絡先も書かなければいけないのだとか。

こんな恥ずかしいのは嫌だから販売者と顔を合わせずに購入できるネット通販の方で排卵検査薬は買う、と思う人も多いかもしれませんが、実は、日本製の排卵検査薬はネット通販できないんですね。これも改正された薬事法の影響で、ネット販売が一部例外を除いて禁止されているからなんです。

まぁ、海外製の排卵検査薬は通販でも買えますけど、できれば日本製のものを使いたいですよね。品質とか安全性は絶対日本製の排卵検査薬の方が上ですから。でも買う時の手続きを考えると、やっぱり海外製の方が良いですよね。となると、後は、品質・安全性と手続きの簡易さ、どっちを採るかによりそうですね。

日本製排卵検査薬もネット通販できる

日本製の排卵検査薬って、てっきりネット通販できないと思っていました。薬事法でも、排卵検査薬のネット通販は一切禁止されていますし。でも実際は、日本製の排卵検査薬も、海外製のものと同じく、ネット通販(ケンコーコムSGなど)で購入可能みたいです。

どういった仕組みになっているのかと言うと、日本製の排卵検査薬も、外国製のものと同じく、個人輸入という形にすれば、ネット通販でもOkなんですね。ただ、あくまで個人輸入という形となるため、何かトラブルがあってもほとんど自己責任と言う感じになってしまうそうです。

まぁ、何かトラブルが起きると言っても、排卵検査薬は「薬」とはありますが、別に内服するタイプの薬じゃないですから、せいぜい不良品掴まされるくらいですよね。それに、海外製のだと付属している説明書も外国語で分からなくて漠然と不安ですから、そうした不安が無いだけでも日本製の排卵検査薬を個人輸入する意味は大いにあると思います。

排卵検査薬は日本製でなく海外製を通販

日本製の薬って、ネットで販売されている海外製の薬を見ると、どうしても高く感じてしまいます。まぁその分、日本製のものの方が、安全性も品質も高いですけど、内服するタイプの薬でもなければ、海外製で同じものを通販で購入した方が良いかなって思います。

ちなみに、私が初めて通販を利用して海外製のものを購入したのは、排卵検査薬でしたね。排卵検査薬って、日本製で代表的なものだと「ドゥーテスト」ですけど、これ7本で2,700円と結構するんです。でも、勿体ないからとケチケチ使っていると、せっかくの排卵日を逃してしまうため、1月に1箱使うくらいの気持ちじゃないといけないんですね。

でも、それだと経済的負担があまりにも重いので、海外製の安い排卵検査薬を通販で大量購入したんです。こっちの方が桁違いに安くて(1本数十円単位)、1回でたくさん買えるので、本当に助かりましたね。なので、排卵検査薬など、直接身体に摂取する薬じゃないものは、やっぱり通販で海外製のものを購入した方がお得だと思います。

安全に排卵検査薬を通販で購入するには?

排卵検査薬は、値段とか時間とか購入上の手間とかの関係上、通販で海外から個人輸入している人の方が多いみたいですね。確かに、いちいち産婦人科行く時間もありませんし、そうかと言って、薬局で薬剤師さんに頼んで出してもらうのも恥ずかしいですからね。

でも、通販だとちょっと心配、という人も多いと思います。実際私も、通販って粗悪品が多いというイメージを持っています。まぁ排卵検査薬は、身体に摂取するタイプの薬ではありませんから、粗悪品でも身体に害が生じるわけではないですけど、やっぱりお金は無駄にしたくないですから、粗悪品の心配無く安全に購入したいです。

そこで、安全な方法としては、日本製の排卵検査薬を通販で購入するというのが挙げられるそうです。なんでも、法律で日本製の排卵検査薬のネット通販は禁止されているものの、個人輸入の形式なら通販でも購入可能なのだとか。日本製のものなら、通販でも品質・安全性共に信用できますから、個人的にもこの方法が最善だと思います。

国産の排卵検査薬は通販できない?

排卵検査薬の販売方法って、数年前にされた薬事法改正の影響で、大きく変化したそうですね。従来は、薬局で私達消費者の手の届く所に置いてあったのですが、今は、消費者の手の届く所に置いたら駄目で、欲しい時は薬剤師に言って、特別に出してもらわないといけないのだとか。

それなら通販の方が良いかな、とも思ったのですが、実は日本製の排卵検査薬は、同じく薬事法によって、通販販売が禁止されているみたいなんです。となると、通販を利用するなら海外製の排卵検査薬しか買えないのかなと思いきや…実はそうでもないんですね。個人輸入という形をとれば、日本製のものでも実質通販購入できてしまうみたいなんです。ただし、個人輸入なので何かあっても自己責任だそうですが。

これ、法律で通販禁止にした意味無いんじゃないのかな、とも思うのですが、買う側にとってはありがたいですよね。海外製よりも、やっぱり日本製の方が品質は良さそうで、説明書とかパッケージとかも日本語で書いてある方がやっぱり安心ですから。

排卵検査薬は通販「ケンコーコム」で

排卵検査薬を利用している大半の人は、通販を利用して、海外から個人輸入することで入手しているみたいですね。でも、海外製の薬ってちょっと怖いですよね。排卵検査薬は尿をかけて排卵日を判定するものなので、内服したり、身体に塗ったりとかはしませんけど、パッケージも説明書も日本語じゃないですから、やっぱり不安です。

一方、日本製の排卵検査薬は、通販禁止なんですよね。薬事法でそう規定されていますから。でも、ケンコーコムという通販サイトでは普通に売っていました。一体どういうことなのかと一瞬混乱しかけましたが、実際は日本製の排卵検査薬でも、個人輸入という形をとれば通販で購入できてしまうみたいです。

こういうの、法の抜け穴って言うのでしょうか?まぁ何はともあれ、通販で購入できるのは嬉しいですね。個人輸入なので何かトラブルがあっても自己責任とはなりますけど、そんなリスクより、説明書やパッケージが全部日本語で書かれているという安心感の方がずっと大きいですし。

排卵検査薬「ドゥーテスト」は通販でも買える

日本製の排卵検査薬と言えば「ドゥーテスト」ですが、今では薬局で買いにくくなってしまっているそうですね。詳しくは知らないのですが、法律の改正とかで、今まで薬局の棚に置いてあって排卵検査薬などの一部の薬は、お客さんの手の届かない所に保管されて、専用書類に名前や住所を記入しなければ、買えなくなってしまったのだとか。

なぜ排卵検査薬を買うのに、自分の個人情報をそこまで晒さないといけないのでしょうか?それ以前に、単純に恥ずかしいというのもありますし。しかし、実はドゥーテストなどの日本製の排卵検査薬は、通販でも購入可能みたいです。

その通販サイト、ケンコーコムという所なのですが、確かに売っていました。値段も、7本で2,700円と、変わりませんでしたね。ただ、送料が650円とかかかってしまうので、薬局で買うよりは少し高めになってしまいます。でも、薬局で薬剤師さんに個人情報を晒して買うよりは断然良いので、私だったら迷わずこの通販にお世話になると思います。

日本製の排卵検査薬を通販で買うなら

日本製の排卵検査薬は、海外製の排卵検査薬と違って、薬局でしか買えないと思っていましたが、実際は通販でも買えてしまうみたいですね。ただ、普通の通販だと薬事法とかいう法律にひっかかってしまうため、個人輸入という形になるそうです。

普通の通販と、個人輸入ってどう違うのかは分かりませんが、とりあえず通販で購入できるのは素直に嬉しいです。薬局だと色々と手続きが面倒なので。しかし、通販で買うとなると、費用が割り増しになってしまうんですよね。排卵検査薬自体の値段は変わらないのですが、それに送料がかなりプラスされてしまうため、何度も購入するとなるとちょっと経済的負担が重いと思います。

それでも、通販サイトの中には、まとめ買いによって送料を無料にしてくれる所もあります。私の見たケンコーコムという通販サイトだと、4000円くらい買えば、送料は無料とのことでした。となると、日本製の排卵検査薬を通販で買う場合は、まとめ買いをした方が断然お得ということなんですね。

排卵検査薬が欲しい人におすすめの通販サイト

排卵検査薬を手に入れるとなると、思い付くのは薬局ですよね。まぁそこでも買えないことはないんですけど、手続きが色々と面倒だそうです。なんでも、専用の書類に思いっきり色々と個人情報を書かなくちゃいけないとかで。

そのため、排卵検査薬を買うために通販サイトを利用する人も多いそうです。まぁ通販の方が、直接顔を見せることなく買える分、気が楽ですからね。ちなみに、そうした場合におすすめの通販サイトも調べてみたところ、どうも欲しい排卵検査薬が、海外製か日本製かによって大きく変わるみたいです。

海外製の排卵検査薬が欲しい場合は、ネットの中でもトップクラスの海外製薬個人輸入サイトである「ドクターズチョイス」が良いそうです。やはり個人輸入で海外から薬を取り寄せるなら、通販サイトは信用性の高い所が安心ですよね。一方で日本製のものが欲しい場合は「ケンコーコム」が良いそうです。ただし、日本製でも個人輸入という形をとるため、トラブルの際は自己責任になってしまうとのことでした。

海外製でおすすめの排卵検査薬は?

日本製の排卵検査薬は高く、海外製の排卵検査薬を買う方がずっと安く済む、ということはよく言われていますよね。でも、海外製の排卵検査薬って、ちょっと通販サイトを調べただけでも、日本製のものとは比べものにならないくらい、ものすごい種類が出て来るじゃないですか。なので、初めて排卵検査薬を使う人だと、選ぶのにも一苦労すると思うんです。

そこで、数ある中でも特におすすめされている排卵検査薬を調べてみると、「ワンステップ」という排卵検査薬に辿り着きました。これの何が最大の魅力なのかと言うと、値段の安さなんですね。日本製の排卵検査薬だと、どんなに安くても1回分300円くらいしますが、このワンステップは1回分80~100円ちょっとと、比べものにならないくらい安いんです。

経済的負担が少なくて済むのは、とてもありがたいですね。排卵検査薬を使って、妊娠しやすい性交渉のタイミングをとっても、妊娠するまでに最低半年というかなり長い期間がかかると言いますから。

通販の排卵検査薬で安いのは?

通販で買える排卵検査薬は安い、というイメージが強いですけど、実際は必ずしもそういうわけではないみたいです。中には、「クリアブルーイージーデジタル」など、日本製のものより高いのもあります。まぁそれでも大半は日本製のものより安いんですけどね。

では、その中でも特に安いのは何かというと…「ワンステップ」という排卵検査薬です。お値段はなんと、1回分80~100円弱(大量購入すれば単価がどんどん安くなる仕組みです)。そのため、生理不順などで毎日排卵検査をする必要がある人などには、結構重宝されているみたいです。あとは、1日に複数回検査したい人にもおすすめなのだとか。

実際に通販サイトに行ってみると、確かに20回分を2,000円弱で売っていました。送料はちょっと高いですが、それでも惜しくない値段です。一方、日本製で一番安いのは「ドゥーテスト」ですが、それでも1回分に換算すると300円くらいするので、長期的な目線で出費を考えると、私もやっぱりワンステップかな、と思いました。

通販で安全な排卵検査薬は?

日本では、排卵検査薬を、値段や購入手続きの煩雑化等の関係で、海外から通販で購入するケースが増えているそうですね。つまり、個人輸入ということですね。でも、海外から薬を輸入するなんて大丈夫なのでしょうか?飲み薬や塗り薬の類ではないですから、健康的に悪影響を受ける心配は無いですけど。

そこで、通販で買える中で、一番安全で信用できる排卵検査薬を探してみました。すると、いくつかのホームページが、「ワンステップ」という排卵検査薬が良い、と紹介していました。なぜこのワンステップが安全なのかと言うと、製造国がアメリカであり、そこでは既に、日本で言う厚生労働省的な機関から認可されているからです。

アメリカって確か、不妊治療にものすごく力を入れていますから、そこで作られて認可された排卵検査薬なら、絶対に大丈夫ですよね。また、値段も1回分につき80~100円とかなり安いとのことだったので、これぞ正に至れり尽くせりだなと思いました。