陽性反応が出たとき

排卵検査薬の通販は低コストで安心・安全な海外アメリカ製がおすすめです。

排卵検査薬で陽性反応が出たら、それからどの程度で排卵が起こるのかには諸説あるみたいです。

24~36時間で排卵とするのと、48時間以内に排卵とするのが多いみたいですが、中には3日以内にとするのもあるみたいです。はたしてどれが正解なのでしょうね?

これらの諸説を並べて検討して誤差を加味してみると、陽性反応が出た当日は避け翌日に排卵が起こると考えるのがいいのかなって思います。

タイミングをはかって子どもを授かろうとする人たちにとっては、この諸説はただ頭を悩ませるだけのものなのかもしれませんが、子どもを授かろうとするのなら、陽性反応が出た翌日の性交渉が正解なのかと思います。

あくまで人間の体の仕組みですから、100%ってことはありえないですよね。なので、安全パイをとるなら翌日なのかなって個人的にはそう思うんですけどどうでしょう?

検査薬自体の性能は以前よりもずっと高まり、正確性も高くなってるといいますから信用して大丈夫だと思います。でも、それに対しての見解が異なるのは、人間の体という微妙につかみきれないもの相手だからなのかもしれませんね。

排卵検査薬で薄い陽性が続く場合は?

排卵検査薬って、近い内の排卵の有無を、陰性陽性で白黒はっきりつけてくれるというイメージでしたけど、実際はそう単純なものでもないみたいですね。なんでも、陽性反応の線が出ていても、その濃さがくっきりしていないことも多々あるため、初めて使う人だとその辺ちょっと苦戦するのだとか。

こうしたケースは、排卵が不安定な人や、排卵検査薬が検出する黄体形成ホルモンの上昇が緩やかな人に多いそうです。そして、くっきりならない内に時間が経って、また陰性になってしまうみたいですが、実際は、陽性を示す線がくっきりとしていなくても、近い内に排卵することも多いため、前測った時よりも濃い反応だった場合は排卵を期待して、時間内に性交渉をする価値はあるとのことでした。

こっちの方が、排卵検査薬が無駄にならなくて良いですね。あれも決して安いものじゃありませんから。でも、できればちゃんと陽性ラインがはっきり出るよう、日頃から生理周期を把握して整えておくのがベストですよね。

排卵検査薬で陽性でも無排卵なことも

排卵検査薬は、自分でもできる手軽な不妊治療という感じで、日本では徐々に人気を呼んでいますが、実際は排卵検査薬のみではそう簡単に行かないそうですね。勿論、日頃からちゃんと毎月予定通り生理が来ている人なら良いのですが、そこまで生理が安定していない人だと、排卵も不安定ということになるため、成功率は低いのだとか。

なぜなら、排卵検査薬が、近い内での排卵の有無を検査するために感知する物質「LH(黄体ホルモン)」は、別に排卵期がどうとかあまり関係無く、何時でも分泌されているホルモンだからです(分泌量は時期によって差があります)。そのため、排卵検査薬が陽性反応を示していても、その後にちゃんと排卵が起きない(無排卵)ケースも多いみたいです。

つまり、排卵検査薬で陽性とされても、基礎体温が高温期に入っていなければ、肝心の排卵は起こらないんですね。そのため、排卵検査薬で不妊治療をする際には、基礎体温のチェックも平行して行った方が良いとのことでした。

排卵検査薬で陽性なのに排卵しない!?

排卵検査薬で陽性になっても排卵しなかった、ということは意外とよくあるみたいですね。てっきり、排卵検査薬で陽性が出たら、1~2日後に排卵が必ずあるものとばかり思っていました。

それにしても、排卵しないのに、なぜ排卵検査薬で陽性反応が出るのでしょうか?調べたところによると、排卵検査薬はあくまで排卵を予測するためのものであって、予測できるまで卵胞が膨らんでも、排卵しないまま萎んでしまう(無排卵)ことも多々あるそうです。後は、根本的に排卵が起きていないとか(それなら、基礎体温チェックですぐ分かるみたいです)。

排卵検査薬でも万能ではないというか、ここまで来ると後は自分の身体の問題ですね。私も将来、子供が欲しいと真剣に考えるようになった時に、ちゃんと正常に排卵して妊娠できるよう、今から生理の記録をコツコツつけるようにします。後近い内に1回くらい、産婦人科で自分の子宮とか卵巣に異常無いか調べてもらっておきたいですね。

排卵検査薬で陽性なら妊娠できる?

排卵検査薬で陽性出て、1~2日後に性交渉をすれば、高確率で妊娠に成功すると思っていましたけど、実際はそう簡単にはいかないみたいですね。なんでも、排卵検査薬での妊娠成功率は周期毎に大きく違って、1周期あたりだと約20パーセントしかなく、5~6周期までいってやっと成功率は90パーセントまで上がるのだとか。

となると、排卵検査薬で陽性反応が出ても、すぐに妊娠ということはまず無いと思った方が良さそうですね。少なくとも半年~1年くらいは覚悟しておかないと。それでも、1周期でも成功する確率は0じゃないですから、なるべく早く妊娠するに越したことはないですよね。

私自身、結婚してまだ1年くらいですが、もう数年すれば結婚生活も落ち着いて、そろそろ子供を、という話になると思います。なので、その時に少しでもスムーズに妊娠できるよう、今から基礎体温をチェックしたり、生理の期間を記録したりして、自分の身体を妊娠に向けて整えようと思います。

ずっと排卵検査薬が陽性にならない

この前、初めて排卵検査薬というものに挑戦しました。計画的に子供を妊娠、出産したいとなると、産婦人科に行かなくちゃ駄目かなと思っていたのですが、特段不妊症でもなければ、排卵検査薬で自分でも簡単に妊娠しやすいタイミングを計れるとのことだったので、とりあえずは薬局で「ドゥーテスト」を買ってみました。

しかし、実際に試してみたところ…1週間全て陰性という結果で、タイミングは計れませんでした。もしかして、無排卵なのかとも心配したのですが、毎月ちゃんと生理はきているので、そうではないみたいです。期待していた分もあって、ちょっとがっかりでしたね。

あと、もう1つ原因として考えられるのには、感度の低さがあるそうです。そのため、トゥーテストではなく、それよりも感度の良い「p-チェック」という排卵検査薬を使えば、上手くいく確率は高いとのことでした。なので、私も次はドゥーテストではなく、このp-チェックを使ってみることにします。

排卵検査薬で陽性≠排卵している

自分で妊娠しやすい時期を特定する方法としては、よく基礎体温チェックが挙げられますよね。なんでも、低温期から高温期に移る境目の2~3日のどこかで排卵があるため、そこで重点的に性交渉をすれば妊娠できる可能性が高いのだとか。

別にそんな面倒なことしなくても、今は排卵検査薬ですぐ分かるんじゃないのかな、と個人的には不思議に思いました。でも、実際は排卵検査薬だけで排卵を予測するのは難しいみたいです。なぜなら、排卵検査薬で陽性反応が出ても、必ずしも排卵が起こることにはならないからです(特に生理が日頃から不安定な人に多いそうです)。

となると、やはり基礎体温を日頃から記録して、自分の低温期や高温期、そして排卵期を把握し、その排卵期から排卵日を更に絞るために、排卵検査薬を使うというのが確実そうですね。うーん、ある程度の基礎体温データの蓄積が必要となると、本気で妊娠を考え出した時から基礎体温記録を始めるのはちょっと遅いですから、日頃から健康管理も兼ねて基礎体温は毎日測って記録しておいた方が良さそうですね。

排卵日2日前に陽性となる排卵検査薬は?

排卵検査薬って、大抵は前日に陽性になって排卵日を知らせてくれるものとばかり思っていました。しかし今では、2日前、3日前、すごいのは6日前とかから、排卵日を予測して陽性反応を示す排卵検査薬もあるそうですね。

そんなに前から知って、何か意味があるのかと思いきや、これが結構あるんですね。それは、産み分けの時。同じ排卵期でも、男の子が生まれやすくなる日(排卵日当日とその翌日)と、女の子が生まれやすくなる日(排卵日2日前と前日)が違うため、どちらの性別を希望するかによって、排卵検査薬も何日前から予測してくれるかで選べるのは、とても重要なことだそうです。

特に、その日にちに気を付けなくちゃいけないのは、女の子の方ですよね。排卵日2日前って結構中途半端ですから。その場合は、「クリアブルーイージーデジタル」か「ドクターズチョイスワンステップ排卵検査薬」が、2日ないし3日前から排卵日を予測してくれるため、適しているとのことでした。

排卵検査薬で陽性になった日から…

妊娠成功率を上げるためには、排卵日当日に性交渉を集中的に行えば良い、と私は思っていたのですが…それはよくある大きな勘違いみたいです。まぁしないよりはマシなのですが、本当は、排卵日の2~3日前からしておくのが理想だそうです。なぜなら、排卵で卵子が放出された時点で、精子がそこに待機している方が、受精率は格段に高くなるからです。

じゃあ、排卵検査薬を使うなら、それが陽性になった時からもう性交渉を始めた方が良いんですね。寧ろ、それじゃあ遅いことも多いですよね。大抵の排卵検査薬って、排卵の24~36時間前にくっきりと濃い陽性反応を示すそうですから。

となると、排卵検査薬なら、濃くなくても薄い陽性が出た時点から、重点的に性交渉をするのがベストということなんですね。よく、相談掲示板みたいな所で、薄い陽性反応のラインが見分けにくいという声を見かけますけど、別にそんなことは全然気にしなくて良かったんですね。思ったほどややこしくなくて安心しました。

早く陽性になるデジタル式排卵検査薬

排卵日は、できるだけ早く知れた方が良いみたいですね。なぜなら、妊娠成功率を上げるには、排卵の2~3日前から性交渉を重点的に行うのがベストだからです。排卵日当日に行えば良いというわけではないんですね。

でも、大半の排卵検査薬は、24~36時間前にならないと分からないんですよね。もっと早く陽性になって排卵を知らせてくれる排卵検査薬は無いのでしょうか?検索してみると、海外製のため購入には個人輸入を利用するしかありませんが、「クリアブルーイージーデジタル」なら、排卵の2~3日前に陽性反応を示してくれて良いとのことでした。

つまり、妊娠しやすい性交渉のベストタイミングを教えてくれるんですね。また、このクリアブルーイージーデジタルはデジタル式で、黄体ホルモンの増加がピークに達した時のみ陽性を示すため、排卵検査薬でよくある薄い陽性に悩まされることも無いとのことでした。これなら、私のような初心者も簡単に扱えそうですね。

排卵検査薬「クリアブルー」はいつから陽性反応?

日本製の排卵検査薬は、排卵の前日にならないと、くっきり陽性反応にはならないそうですね。でも、排卵日が分かるのが前日となると、ちょっと時間が足りないと思います。だって、妊娠の成功率を上げるためには、排卵された時点で精子が女性の体内に待機していないといけないんですよね。それなのに、24時間しか時間が無いとなると、そのための性交渉が十分にできないと思います。

そこで、通販ならもっと早く排卵日を知れる排卵検査薬があるのではと、ちょっと調べてみました。すると、「クリアブルー」という排卵検査薬が良いことが分かりました。これには、「クリアブルーイージーデジタル」と「クリアブルー排卵検査器」の2種類があるそうなのですが、前者が2~3日前、後者なら6日前から排卵日を予測してくれるみたいです。

これなら、慌てずに排卵に備えて十分に性交渉ができますから、精神的ストレスも少なくて済みそうですね。私も夫婦共働きで、あまり急にお互い時間を作れない生活をしているので、もしもの時はこのクリアブルーに頼ることにします。