薬局での購入

排卵検査薬の通販は低コストで安心・安全な海外アメリカ製がおすすめです。

妊娠検査薬とか排卵検査薬ってあるけれど、以前はドラッグストアなんかでも気軽に手にすることが出来たんですが、今は薬局医薬品というのに部類されてるみたいで、薬剤師さんのいる薬局でしか買えないそうです。

2009年に薬事法が改正された時にそう決まったみたいで少し面倒ですよね。処方箋が必要という訳ではないそうですが、こういうのって対面で買うにはやっぱり抵抗のある人も多いのではと思います。

でも、少しでも早く子どもが欲しいと願う女性にとっては必要不可欠って言っても過言じゃない存在。

こういう販売制限っていうのは、いいことである反面、良くないこともありますよね。だって、必要な人にとっては対面であることに抵抗はないかもしれませんが、『必要だけどどうしよう…』、というくらいの人にとっては購入しづらくさせちゃうだけですもん。

『どうしよう…』って人は、輸入代行サイトでは販売されているので、そういうサイトを上手く活用するのもいいかもしれません。ネットで検索をかければ簡単に販売サイトを見つけることができますしね。

排卵検査薬は薬局で買えるそう

不妊治療って大変、というイメージが世間では強いと思います。私も今まではそう思っていました。不妊治療と言うと、産婦人科に定期的に通ったり、お金かけて人工授精させたりと、時間とお金の両方の面で負担が重いんじゃないのかな、という感じで。

でも、不妊治療でそこまでしなくちゃいけないのは、本当に重度の不妊症の場合とか、夫の精子の方に問題がある場合とかだけみたいです。他にも、色々な不妊治療手段があって、中でも一番手軽な排卵検査薬だと、産婦人科に行かなくても薬局で買えるため、自分で簡単にできてしまうそうです。

薬局で買えるなら、時間も全然かかりませんし、病院に行くために都合を空ける必要もありませんから、仕事をしている女性でも本当に簡単にできそうですね。また、通販でも買えるみたいですけど…やっぱり薬局で買った方が信用できますよね。私も本気で妊娠を考えるようになったら、まずこの排卵検査薬というのを試してみようと思います。

排卵検査薬の薬局での買い方が変わってた

何年か前に、薬事法とかいう、薬に関する法律が改正されて、少しだけ話題になりましたよね。その時は、別に自分には関係ないや、と全然なんとも思っていませんでした。そんな薬をしょっちゅう購入するわけじゃありませんし。

でも、実は女性にとっては、ものすごく重要な薬が影響を受けていたんですね。それは、初期の不妊治療や、最近では計画的に妊娠をするためにもよく用いられる、排卵検査薬。最初は、薬局じゃ買えなくなったのかと思ったのですが、どうもそうではなく、買い方が変わったみたいなんです。

前は、普通に薬と同じ感じに売られていたそうなんです。つまり、商品として並べてあって、欲しいならそれを取ってレジに行けば良かったんですね。しかし、その薬事法の改正によって、欲しい時は薬剤師に行って別の所から出してもらわなくちゃいけなくなって、それだけでも気が引けるのに、更に名前とか住所も聞かれるみたいです。なんかもう、法律を改正する時にもうちょっと買う側の気持ちを考えてって思いますね。

排卵検査薬が薬局で購入しにくい

排卵検査薬で手軽に妊娠しやすいタイミングが図れる、という謳い文句を、よくネットの広告で見かけますけど、「全然手軽じゃない!」って妊娠を真剣に考えるようになってからは思うようになりました。そりゃあ、排卵検査薬を使えば、生理がちゃんと毎月安定して来ているなら、簡単にタイミングもとれるとは思います(自然妊娠に至れるかは別として)。

私が言いたいのは、もっと前の段階…つまりは、購入の段階が全然手軽じゃない、ということなんです。今だと、薬局で排卵検査薬を買うとなると、薬剤師さんに直接頼む必要があるそうじゃないですか。加えて、名前や住所まで聞かれるらしくて。

これ、同じ薬局で買えば買う程、薬剤師さんに顔覚えられますよね。なんか月が経つことに何か買いにくくなりそうです。薬剤師さんに内心「また駄目だったんですね」とか「今度はがんばって」とか思われていたらどうしよう、などと色々考えてしまいます。これなら、排卵検査薬は通販で購入する女性が多いのも、頷けますね。

薬局で買える排卵検査薬でベストなのは?

個人輸入で排卵検査薬を近々買おうと思っていたのですが、そのあまりの数の多さで、早々にリタイヤしてしまいました。ものすごい数だったので、その中から選べる気がしなかったんです。そのため、少々購入手続きは面倒ですが、調剤薬局で日本製の排卵検査薬を買おうと思っています。

ただ、通販で売られている数とは比べものにならないものの、薬局にも数種類の排卵検査薬が備えられているみたいですね。となると、どれを選ぶのがベストなのでしょうか? 少し前までは、ロート製薬の「ドゥーテスト」が良いと言われていたみたいですが、感度が改良されて少しの黄体ホルモンの増加でも陽性反応を示すようになってしまったため、今ではアラスクの「チェックワンLHデジタル」がベストだそうです。

なんでも、デジタル式の排卵検査薬のため、苦労して判定を目で見て判断する必要は無いし、全部機械でやってくれるため失敗する危険性も無いのだとか。確かにこれは良いですね。早速薬局で買ってみます。

排卵検査薬を薬局で買うなら「チェックワンLHデジタル」

最近では、個人輸入によって排卵検査薬を買う人が、徐々に増えているみたいですね。値段が安いから、ということもありますが、法律改正によって購入手続きが面倒になったことも大きいそうです。一方で、排卵検査薬は妊娠に関る大事な薬だから、ちゃんと信用できる日本製が欲しいという理由で、薬局で買っている人も多いのだとか。

では、排卵検査薬を薬局で買うなら、どれが良いのでしょうか?個人的には、一番歴史の長い「ドゥーテスト(ロート製薬)」と思っていたのですが、どうもそうではないみたいです。なんでも、数年前に感度が改良されてしまったため、体質的に少し黄体ホルモン分泌量が多いだけで、正確な判定ができなくなってしまうのだとか。

そのため、今では「チェックワンLHデジタル」の方が推奨されているとのことでした。これだと、ドゥーテストよりも感度が低く、かつデジタル式のため高い判定精度を見込めるそうです。私も、アナログ式だと目で見て判断する部分があって面倒だと思っていたので、買うならこのチェックワンLHデジタルにします。

薬局にある排卵検査薬も通販で買える?

今では、個人輸入サイトで排卵検査薬と調べると、本当にたくさんの種類出てきますよね。また、日本製よりも格段に値段が安いため、最近では個人輸入を使って排卵検査薬を購入する日本人も徐々に増えているみたいです。しかしその一方、品質や安全性で日本製の右に出るものは無いからということで、調剤薬局で毎回面倒な手続き(専用書類に個人情報を色々と書かなくちゃいけないみたいです)を経て購入している人も多いのだとか。

薬事法で日本製排卵検査薬の通販は禁じられていますから、安さと品質をどっちもとることは不可能なんですね。でも実はこの薬事法に、抜け穴があるんです。なんでも日本製の排卵検査薬でも、個人輸入という形をとれば、トラブルがあった際に自己責任とはなるものの、通販をしても許されるのだとか。

つまり、薬局で購入するには色々面倒な日本製排卵検査薬も、通販で簡単に買えてしまうということなんですね。一定値段以上買えば送料をタダにしてくれる通販サイトも多いとのことですから、こっちの方が絶対良いですよね。私も近々利用してみようと思います。